働いている現場の医療知識がどれだけいるのか

プロの介護士にとって医療についての知識というのは最低限必要となってきます。要介護者にとって何が起こる川から無いことなので、ある程度の準備をしておく必要があるのと、前もってのケアを知っておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。しかし、医療のことと同じように考えなくてはいけないのは、何よりも精神的な負担をかけないということになります。これは要介護者だけではなく働いている介護士の人にも同じことが言えるのは、中には命に関わるような事態があるからです。そうなってしまうと介護をするということではなく、仕事として命を救うということになるためにストレスが高くなります。極端な例ですが、やはり医療知識というのは必要になりますが、あくまでも日常生活レベルの救急法ということで済ませることがベストです。預けている家族の人にもどのような病気を持っているのか、今日の状態を把握して在宅などを介護をしていくことになります。