医療の考え方や将来的な展望を知ることです

在宅医療の重要性というのはストレスを抱えないような生活ができるというメリットがありますし、家族の負担も減ることが大きなポイントになります。もちろんサービスを受ける人にとっても、住み慣れた環境での生活は精神的にも安心できることになり、家族とのつながりを感じながら余生を過ごすことができます。在宅ということでは、家族だけでの介護は大変ですのでデイサービスやヘルパーを活用して、より負担を減らすことで家族との関係を作っていくことができます。問題となるのは家族の負担になりますので、上手に活用をすることができるようになるとストレスがお互いに感じることなく社会生活を送ることができます。何よりも不安になるのは費用負担になりますが、今の国の現状や行政の現状を考えると、これからの福祉関係のサービスというのはより身近になってくることになります。そのために社会生活送る人にとって医療などは負担が多くなるというよりも、より負担の少ない社会になることが望ましいといえます。